スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喘息が治りました~><

2013.12.06 03:56|喘息・副鼻腔炎
こんにちは!使ってない古いブログを再利用して長文書いてます。
21uri ウリ坊です♪(←twitter)


さて。

まとめますと、私の喘息は、
歯科でむかーし詰めた「アマルガム」と「ニッケル合金」が原因でした。

アマルガムは、成分の半分が水銀の詰め物、
ニッケルはアクセサリーなどでかぶれる原因No.1な金属です。



それで代謝が滞って、防虫剤や合成洗剤、添加物などの「毒」が溜まっていたんだと思います。

台所シンクの排水溝に、石ころが入り込んで詰り、それによって細かなクズが流れずにたゆたゆしているイメージです。



アトピーや掌蹠膿疱症の場合、歯の金属だと気付きやすいのですが、喘息や副鼻腔炎で歯が原因というのは、なかなか内科でも耳鼻科でも気付いてもらえません。

歯科でも、「え~、関係ないですよ」と言われることが多いです。



でも。喘息や副鼻腔炎で苦しんでいる方。もしかして、です。

なんとか上手に説明して「アマルガム」は必ず外してもらってください。
私の場合、二度目の喘息は「ニッケル合金」がアタリでした。


金属の写真を3つ貼っておきます。

写真でオーリングが出来る方は、自分に合わないものがわかるかもしれません。
↓さて、どの番号が○で、どの番号が×だったでしょうか。


1
ha1.jpg




2
ha2.jpg



3
ha3.jpg

アマルガム、ニッケル、パラジウムの3つです。
どれがどれかの回答は、ページの最後♪


もしパラジウムが○なら、保険適応のパラジウム銀歯が入れられます。

3つともダメなら、セラミックなどの非金属に変えないと治らない可能性があります。

メーカーとかで色々違ったりもするので、あくまで参考程度でお願いします。



私の喘息&副鼻腔炎の経過 ですが、これまた参考までにざっと説明しますと

13年前 副鼻腔炎になる
     おもな症状は無嗅覚
 6年前 喘息になる
     大きな病院をジプシーしても治らない
     咳で肋骨骨折
    (咳のし過ぎと副鼻腔炎の点鼻ステロイドで
     骨が弱くなってた)

     7ヵ月後 喘息改善
     吸入ステロイドをもらって咳が収まる。    
     完全に治まったのは
     歯のアマルガム除去のおかげ

 5年前 副鼻腔炎手術
     半年後再発
     おもな原因は防虫剤(ミセスロイド)
     せっけん生活と添加物除去などで改善

 2年前 喘息再発
     吸入薬でも、せっけん生活でも治らない

 今10月 吸入薬が効かず呼吸困難で死にそうに
     思い切って吸入薬をやめる
     歯科でアマルガム除去(3本隠れてた)
     それでも治らず、
     歯科医が「ニッケル歯」を発見、除去。

 今12月 治りました♪

     ついでに言いますと、
     重金属を除去してくれる野菜「パクチー」を
     がんばって食べているおかげでもあります。

パクチー
 汚染されていないものをゆでて切って冷凍し、
 少しずつ食べます。
 http://paxi.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=47
 オーリング大村先生の本で知りました



歯だけが原因では?
「防虫剤」「合成洗剤」など関係なくない?
と思われるかもしれません。

たしかにそれは不明です。
私は先に洗剤系を除去、あとで歯を治したので。

でも、洗剤と添加物の見直しで、副鼻腔炎は一旦改善。
だから、関係はあると思うんですよねー、やはり。


まあ合成洗剤とかは、なるべく使わないほうがいいと思いますよ。
分解するのに肝臓に負担がかかるから、特にお子様には石鹸のほうがいいと思う。

。。石鹸生活から元に戻す気はちょっとないなあ。


「合成洗剤使っていて昔の銀歯がたくさんある人」
【アマルガムやニッケルを取っただけで治った方】がいらっしゃったら、
是非 twitter ID「21uri」 ウリ坊まで教えてください♪


よろしければ、金属画像 1 2 3  どれがダメだったかのご報告もお待ちしています-^-^-
(「何番と何番が大丈夫だった」というふうに、番号で教えてくださいね~♪)



p.s.
2度目の喘息と同時に患った
CS(化学物質過敏症)及び香料過敏は、気のせい?程度に改善してる気がするものの全然ダメ。

まだニッケル外してちょっとなので、今後パクチーや温熱でもっともっとデトックスできたら治るかも!と期待です(笑)



p.s.その2 防虫剤について

私の副鼻腔炎のきっかけになったのは、「ミセスロイド」。
こちらは確定です(キッパリ)

ミセスロイドやムシューダ、タンスにゴン、ベープは特にやめてほしい。

成分はピレスロイド。
製品に小さく書いてあるから、買うとき気をつけてね。
(「薄めたバルサン」ですにょ。。)

どうしても衣類用に使いたいのであれば、シーズンオフのものだけにして、特に寝室にピレスロイド製品を持ち込むのはやめたほうがいいです。
(副交感神経がどーとかでイケナイらしい)

で、着る前は外に干したりしてから。

衣替え中に咳き込むって話も時々聞きます。
だからね、防虫剤はキケン。

だいたい液体蚊取りのCMで、蚊が落ちてくるシーン。

あれ、神経やられて死んじゃうわけですからね。
虫だけに効いて、人に無害なんて、そんな都合のいい話はありませぬ。

鈍感で健康な人は別に問題なく使っていいと思うけど。
喘息やアトピーやアレルギーぽい病気の人は、とりあえずやめてみてね♪



回答

1パラジウム
2アマルガム
3ニッケル
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。