スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縫うため必要なモノたち

2009.01.10 21:49|縫うため必要なモノたち
 革屋さんに、書いてありました。
「ミシンで縫えるかどうか それはやってみないとわからない」

 確かに。。。(笑)

 最初は私も悩みました。
 だって、ミシン針、曲がるんだもん。折れるんだもん。

 てゆか、ふつーの厚地用ではだめなんですね。

 革用のミシン針 ってのがあります。手芸店でも売ってます。

 でも折れる。ナゼ?
 つまり、針が細すぎました。

 ①ミシン針は、革用のミシン針 14または16号を使います。

 家庭用のミシンでだーっと縫うなら、革は薄めのものを買いましょう。

 縫ってる途中で針が(下まで刺さなくて)止まってしまう時は、生地が進みすぎてます。
 一旦押さえを上げたら針が通ります。

 ②ファスナーをつける用の、幅が狭い「押さえ」

 ③切り口や裏地のケバ立ちを抑えるために、仕上げ剤「イリス」か「トコノール」。

 ④糸の仕上げに「ライター」


そして材料。

 ①ラクに縫える革の厚みは、0.8mmまでかな。
 それ以上の厚みだったら、「革スキ」で薄くして使うこともできるけど、革のコナコナが出て、お掃除が大変。なので、めったにやりません。

 厚い革は、買うときお店に頼んで薄くしてもらうこともできます。
(でもなるべくならしない 仕上がりがびよびよになることもあるので、最初から縫えそうな厚みのものを買ったほうがいいです)

 ②裏生地 バッグ用裏生地は革屋さんにおいてあるけど。
  私は生地よりも色や図柄にこだわるので、普通の綿とかの布を手芸屋さんで買ってきます。

 ③ミシン糸は「レザークラフト」「皮革工芸」用。
  普通の厚地用糸だとケバだちます。

 ④持ち手の中に入れる、クッションつきの両面テープ。

 ⑤底に敷く厚紙かダンボール

 ⑥ファスナーやマグネットボタンなど



 こんなもんかな?

 お財布とか、小さいものは、かえって作りにくいです。
 最初でもバッグを作ったら自信がつきますよ♪

人気ブログランキングへ
↑わーい、役に立った♪と思った方、
バナーをクリックして下さいね♪私のブログに一票入りまーす。


スポンサーサイト

テーマ:■■■レザークラフト■■■
ジャンル:趣味・実用

コメント

非公開コメント

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。